歯科ニュース

自由診療の入れ歯と保険診療の入れ歯の違い

初めて部分入れ歯や総入れ歯の治療を始めるとき、まずは保険適用の治療を選択される方が多いと思います。自由診療と保険診療のどちらが適しているかは患者様ごとに異なりますが、納得の選択をするには、それぞれの特徴やメリット、デメリットを理解する必要があります。

保険診療の入れ歯は、費用が安く治療期間が短い点がメリットと言えます。
しかし、入れ歯の土台となる部分も歯の部分もプラスチックを使用するため、どうしても自然さに欠けます。また、部分入れ歯の場合は固定するために金属のバネを使うため、入れ歯をしていることがわかってしまいます。さらに、バネに食べカスがたまり不衛生なうえ、固定している歯に力が集中するため歯や歯肉を傷めてしまう可能性があります。

自由診療の入れ歯の場合、材料の選択肢が広く、使いやすく耐久性にも優れていて、さらに審美面でも満足のいく入れ歯を作ることができます。嚙み合わせも細部にまでこだわり、じっくりと時間をかけて調整をしていくため、ストレスなくお食事や会話をすることができます。
自由診療は費用が高額で治療期間も長くなるため、気軽には受けられない治療かもしれませんが、もし現在保険診療の入れ歯を使用していて、日常生活に大きなストレスを感じている場合は、是非、一度、自由診療の入れ歯についてご相談にいらして下さい。  
>>自由診療の流れはこちら

当医院の院長は、先日、川越市内の歯科医院で初となる「日本有床義歯(入れ歯)学会 認定医」の資格を取得しました。さらなる技術向上に努め、患者様のお悩みに真摯に向き合って参ります。

*************************************
川越市の自由診療歯科医院
関口歯科 《歯周病・根管治療・入れ歯》
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町4-21
TEL 049-243-1464
*************************************

Instagram 川越市の自由診療歯科医院
関口歯科 《歯周病・根管治療・入れ歯》

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町4-21
川越駅から徒歩5分 ※駐車場・駐輪場有
0492431464
お問い合わせ

〈診療時間〉
9:30~13:00 / 14:30~18:00

〈休診日〉
木曜・日曜・祝日

関口歯科