歯科ニュース

根面う蝕(こんめんうしょく)

根面う蝕とは、歯の根っこに出来るむし歯です。
これは、若い人よりも高齢者に多くみられます。加齢とともに歯茎が下がり、歯茎に隠れていた象牙質の部分が露出します。歯の一番外側を構成している「エナメル質」よりも柔らかい象牙質はむし歯になりやすいのです。

根面は神経に近い場所のため、放っておくとすぐにむし歯が広がり神経に到達し、神経を取る治療が必要になってしまいます。
甘い物を食べたり飲んだりすることだけが原因ではなく、入れ歯のバネ部分に汚れがたまりやすかったり、日々のブラッシングが不足していたりすることが原因です。
まずは、日々のブラッシングが第一。フロスや歯間ブラシも使って、むし歯を引き起こすプラーク(汚れ)をしっかりと落としましょう。そして、入れ歯の方はバネやバネがかかる歯もしっかりと磨きましょう。
わからないことがありましたら、スタッフにご相談下さい。

*************************************
川越市の自由診療歯科医院
関口歯科 《歯周病・根管治療》
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町4-21
TEL 049-243-1464
*************************************

Instagram 川越市の自由診療歯科医院
関口歯科 《歯周病・根管治療》

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町4-21
川越駅から徒歩5分 ※駐車場・駐輪場有
0492431464

〈診療時間〉
9:30~13:00 / 14:30~18:00

〈休診日〉
木曜・日曜・祝日

関口歯科