川越で入れ歯のご相談、歯科、歯医者なら関口歯科へ

Tel:049-243-1464

最適な入れ歯を製作するためのカウンセリング

入れ歯の違和感、不具合、痛みなどの原因はひとつではありません

・入れ歯の形が患者さんに合っていない
・患者さんご自身の噛み合わせが不安定
・食いしばりが強い
・姿勢が悪い
・骨格のゆがみ

など、問題を起こす入れ歯の原因は十人十色です。「入れ歯が合わない」といって何度も入れ歯を作り直している患者さんがいらっしゃいますが、ただ入れ歯を作り直すだけでは改善しないことが多いです。

当院では最初に丁寧なカウンセリングと診察することで、本当に患者さんに最適で必要な入れ歯を提供することができます。カウンセリングでは患者さんの全身の状態、生活習慣など、精度の高い入れ歯作るために必要な情報をお聞きしています。

下記のような入れ歯のお悩みを抱えている患者さんは是非、一度お気軽にご相談ください

入れ歯があたり、痛くて噛めない

食べ物の中には、入れ歯では噛みにくいものがあります。しかし高い精度の入れ歯を作ることで、改善することができます。

当院では、入れ歯製作や歯の被せ物を入れたりする歯科治療に長年、力を入れきました。一度、お気軽にご相談ください。

大きく口を開けると入れ歯が落ちてしまう

当院では、本入れ歯を作る前にまず仮の入れ歯を作ります。その後、仮の入れ歯を実際に使いながらお口にあわせていき、それを元に本入れ歯を作ることで、患者さんのお口に限りなく近い形を再現することができます。

入れ歯の裏に食べ物のカスが入る

入れ歯や被せ物を製作する人のことを、歯科技工士と言います。
当院では、入れ歯製作で実績のある入れ歯専門の歯科技工士さんと直接やりとりできるので、細かいニュアンスまで伝えることができます。

しゃべるとカタカタ音がする

入れ歯の調整と発音訓練で、ある程度、改善することができます。
入れ歯には、メンテナンスが必要不可欠です。当院では、患者さんの状況に合わせてメンテナンスを繰り返し行い、いつでも患者さんに最適な入れ歯を提供するよう努めています。

硬い食べ物を食べたい

おせんべい、おもち、イカ、タコのような硬い食べ物は入れ歯では食べにくいと言われています。しかし、当院で入れ歯を作った患者さんたちは、入れ歯に高い安定感があるため、楽しい食生活を送っていただいています。

当院の入れ歯の6つの特徴

精密な入れ歯を製作する高い技術 入れ歯専門の歯科技工士
入れ歯を製作するためのカウンセリング BPSデンチャーの症例紹介
入れ歯治療の流れ インプラントと入れ歯の違い