川越で入れ歯のご相談、歯科、歯医者なら関口歯科へ

Tel:049-243-1464

精密な入れ歯を製作する高い治療技術

BPS総義歯 認定医 関口寛之

院長 関口 寛之所属学会・研究会

  • 顎咬合学会かみ合わせ 認定医
  • BPS総義歯 認定医

参加した長期研修コース

  • 顎咬合学会かみ合わせ 認定医
  • BPS総義歯 認定医
  • 2013年 深水歯科治療用義歯コース
  • その他 短期コース多数

院長紹介はコチラから

関口歯科の入れ歯治療コンセプト

「入れ歯か天然歯の区別がつかないような入れ歯」
「より天然歯に近い入れ歯」

当院の入れ歯治療では、一人ひとり時間をかけて精密な入れ歯を作製していきますので、噛み合わせなどの違和感を感じることも少なくなります。その結果、快適な食生活を取り戻すことが可能になります。

噛めることで、唾液の分泌も以前より活発になり、消化作用も高まります。また、唾液には筋肉や内臓などを若返らせる働きがある成分が含まれていますので、噛み合わせや見た目と共に、若さと健康も取り戻すことができます。

従来の入れ歯とBPSエステティックデンチャーは全く別物

従来からある保険の入れ歯は、最低限の機能を回復させることのみを目的とした入れ歯なので、見た目の悪さは諦めるしかありませんでした。

当院では最新の入れ歯・BPSエステティックデンチャーをお勧めし、審美性、機能性の高い、様々なこだわりを持った入れ歯をご提供しています。

まずは、百聞は一見にしかず。下の二つの画像を比べてみてください。一目瞭然で、BPSエステティックデンチャーの優れた審美性をご理解いただけるはずです。

従来の入れ歯 BPSデンチャー
BPSエステティックデンチャー BPSデンチャー

当院では「入れ歯か天然歯の区別がつかないような入れ歯」「より天然歯に近い入れ歯」というコンセプトのもと、入れ歯専門の歯科技工士と共に、美しい入れ歯の製作を行っています。

歯や歯肉の色、形状を忠実に再現することで、患者さんの豊かな生活を取り戻すための手助けが出来ればと考えています。

当院の入れ歯の6つの特徴

精密な入れ歯を製作する高い技術 入れ歯専門の歯科技工士
入れ歯を製作するためのカウンセリング BPSデンチャーの症例紹介
入れ歯治療の流れ インプラントと入れ歯の違い