Sekiguchi ISM:本物の歯科医療を

従来の治療法に限界があるから。
新しい技術と知見で、本物の歯科医療を。

繊細で難しい治療が多く、さらにその治療法が日々進歩する歯科医療。従来の「早く」「安く」を重要視した治療法では、治らないこともあります。関口歯科では、新しい治療分野の資格や機器をいち早く取り入れながら、最新の医療技術や知見を習得。かかりつけ医として、あらゆる分野でレベルが高く、かつていねいな治療の提供に努めています。
 

歯科用マイクロスコープ(顕微鏡歯科)で治療の質をアップ

関口歯科医院では、歯科用マイクロスコープを川越市内でいち早く導入。高倍率で歯を見ながらの治療が可能になったことで、今まで見えなかった虫歯、感染物質、細かい傷、破折線、根の先まで良く見え、削る量が最小限ですむなど治療の質が向上しました。精密歯科治療のスペシャリストとして、精密な治療を提供します。
*主に自由診療となります。

歯科用CTの三次元の情報をもとに、正確性と安全性を向上

歯科用のCTを使うことで、レントゲンでは分からない三次元の情報を得ることにより、歯周治療や歯の根の治療、インプラント治療などの正確性と安全性を向上させています。

動画説明システムで治療法を分かりやすく提示

マイクロスコープを通して見た治療状況や経過を動画として記録するシステムを使用し、患者さんに、より分かりやすく、詳細な説明をするように心がけています。

減菌対策を徹底して患者さんに安心を

治療に使用する機械・器具などの消毒滅菌を徹底するだけでなく、口をゆすぐための紙コップやスタッフが使用する手袋などは使い捨てにするなど、院内感染に配慮。患者さんに使用いただくスリッパも、毎日消毒を行い、1足あたり1日1回の使用を原則としています。
Sekiguchi ISM