川越で入れ歯のご相談、歯科、歯医者なら関口歯科へ

Tel:049-243-1464

根管治療・歯内療法

根管治療・歯内療法とは?

歯の根の中には、非常に細い神経が通っている管があります。この部分に虫歯菌が入り込み、神経まで浸食されてしまうと、最悪の場合、歯を抜かなくてはいけなくなります。

それでもなんとか歯を残すために、その管の中から感染物を除去する「根管治療・歯内療法」という治療法があります。

マイクロスコープや歯科用ルーペを導入している当院では、より精密な根管治療・歯内療法を行うことができますので、歯を出来る限り残したい患者さんは一度、お気軽にご相談ください。

なぜ根管治療・歯内療法が必要なのか

歯内療法もし、根管治療・歯内療法をせずに歯に詰め物や被せ物を付けたとしても、歯の根の中に感染物質が溜まったままなので、結果、炎症を起こし、せっかく装着した詰め物や被せ物を外して再治療しなくてはならなくなります。

最悪の場合、歯を抜かなければならなくなることもあります。そのような事態を避けるためにも、歯の神経を除去する際は、根管治療・歯内療法を行う必要があります。

適切な根管治療・歯内療法は、面倒な治療過程と思われがちですが、その歯の寿命を決定付ける、とても大切な治療なのです。

より精密な根管治療・歯内療法を行うために

根管治療根管内は、非常に細く、入り口も狭いので、肉眼だけではほとんど目視することができません。これまでの治療法では経験と手先の感覚だけを頼りに治療していました。

そのため、通常の根管治療・歯内療法だけでは、感染物や感染した神経を取り残してしまいやすくなります。また、根管に薬をつめる治療の際にも隙間ができてしまい二次感染を起こし、結局再治療になったり、抜歯せざるを得なくなります。

当院では、マイクロスコープや歯科用ルーペを使用して、より精密で確実な根管治療・歯内療法を行っていますので、安心して一度ご相談いただければと思います。

顕微鏡歯科の詳細はコチラから