川越で入れ歯のご相談、歯科、歯医者なら関口歯科へ

Tel:049-243-1464

インプラントと入れ歯の違い

インプラント治療は様々なメディアで取り上げられている最新の歯科治療法であることは疑う余地はありません。ただし、外科治療を要することや、一旦インプラントを埋入してしまうと、入れ歯のように簡単に取り外すことは出来ません。

それが、患者さんの一生と考えた場合にデメリットなる可能性を歯科医が把握し、患者さんにしっかりと説明する必要があります。

また、インプラント治療がどれだけ素晴らしい治療といっても、天然歯の機能を上回ることはありません。最初の段階で診査・診断を確実に行い、最適な判断をすることで長期的に維持安定させられる治療が本来のインプラント治療だと考えています。

一方で、入れ歯治療も確実な診査・診断を行うことで、インプラント治療のデメリットを回避しつつ、より低侵襲で機能的、審美的にも優れた治療結果を得ることができますので、どちらの治療が最適なのか、または他の治療法がないのかを歯科医と相談することが大切です。

インプラント、ブリッジ、入れ歯の治療の違い

  保険
適応
メリット デメリット
インプラント
インプラント
【保険適用】なし 【メリット】 ・天然歯に近い噛み心地
・周囲の歯への影響が少ない
【デメリット】 ・外科手術が必要
・保険が効かない、自費診療
・治療期間が長い
ブリッジ
ブリッジ
【保険適用】あり 【メリット】 ・違和感が少ない
・保険治療が可能
・治療期間が短い
【デメリット】・健康な両隣の歯を削らなくてはいけない
・清掃性が悪い
入れ歯
入れ歯
【保険適用】

あり

【メリット】・どの歯科医院でも治療できる
・保険治療と自費治療を選べる
・保険の入れ歯は見た目や機能を気にしなければ安価で治療ができる
【デメリット】・合わない入れ歯を装着すると、違和感があり、痛みも生じる
・保険の入れ歯では機能性、審美性に限界がある

当院の入れ歯の6つの特徴

精密な入れ歯を製作する高い技術 入れ歯専門の歯科技工士
入れ歯を製作するためのカウンセリング BPSデンチャーの症例紹介
入れ歯治療の流れ インプラントと入れ歯の違い