川越で入れ歯のご相談、歯科、歯医者なら関口歯科へ

Tel:049-243-1464

小児歯科

小児歯科とは

小児期の歯科治療は、虫歯治療や歯並びを治すだけではなく、生涯にわたって歯とどのように付き合っていくかを築く大切な治療です。

虫歯ができると歯が痛くなるのは当然ですし、その歯を治すのですから多少痛みを伴うのも当然です。大人ですら治療が怖いのですから、お子様が治療を怖がるのもまた当然です。

しかし、きちんと悪い歯を治してその後、痛い・怖い思いをしないことのほうがもっと大切なのです。

当院では多くの経験を基にできる限り怖くない、痛みの少ない治療を行っています。一緒に頑張りましょう。

小児歯科の治療内容

虫歯予防のブラッシング指導

お家に帰った後でも虫歯予防ができるように適切なハミガキの仕方を教えています。
虫歯予防にはきちんとした、ハミガキ・ブラッシングができることが一番です。

フッ素塗布

フッ素を歯に塗ることで虫歯に強くなります。
健康保険適応外になり1回1,500円(税別)になります。
4〜6ヶ月に一度はフッ素塗布をしましょう。

シーラント

虫歯ができやすい奥歯の溝をシーラントという薬で埋めることで、清掃性も高くなり、虫歯ができにくくなります。

歯並び治療

大人になってからでも歯並びの治療は行えますが、小児期は顎の成長期で動かしやすく、また乳歯を利用した歯並び治療が行えるため、お子様への負担が少ない治療を行えます。
ただし、遺伝や骨格の成長具合によっては、永久歯に生え替わってからや成人になってからも矯正治療が必要な場合があります。

矯正歯科はコチラから