院長’s EYE
過去のブログ
院長の日常2019.01.10

相原求一朗の軌跡

川越出身の画家である相原求一朗氏の美術展に行ってきました。
美術学校に通えず、青春期を兵役で満州で過ごしながらも絵画への情熱は冷めることはなく、
徐々に作風を変えながら一流画家への道を登りつめていきました。
満州時代に描いたカラフルなスケッチもとても素敵でしたが、晩年期に描いた北海道の風景が素晴らしく、曇天の薄暗く厳しい景色の中にも希望のようなものが感じられてとても感動しました。
川越にこんな凄い画家がいたことを今まで知らなかった自分を恥ずかしく思いました。
月末から第二期展をやるみたいなので、必ず行こうと思います。

お知らせ2019.01.07

謹賀新年

皆さま明けましておめでとうございます。

今年も新年早々、娘のトライアスロン合宿の付き添いをしてきました。
寒風の中、子供たちは夏の大会に向けて厳しい練習をスタートさせていました。
どんなに辛い練習でも、へこたれずみんな笑顔で頑張っていました。
偉すぎる・・

私も自分の目指す歯科医師像に近づけるよう、今年も日々精進してまいります。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

お知らせ2018.12.25

ママになりました。

出産のため退職したスタッフが、赤ちゃんを連れて遊びに来てくれました!
二十歳で就職して10年勤めてくれて、退職して半年、会わないうちにすっかりママの顔になっていました。
久しぶりの再会に、スタッフも皆喜んでいました。

院長の日常2018.12.20

煩悩スイム

通っているトライアスロンスクールの年末の恒例行事、「煩悩スイム」に参加してきました。
その名の通り、煩悩の数だけ25mを108本ひたすら泳ぐイベントです。
2年前までは2本くらいで撃沈していましたが、無事に完泳!
これで煩悩が無くなりすっきり新年を迎えられます(笑)。

歯について2018.12.10

A day trip to Osaka.

休診の木曜日を利用して大阪へ日帰り旅行。
根管治療専門医である牛窪敏博先生のオフィスを見学させていただきました。
ペンシルバニア大学に留学されていたとても著名な先生です。
洗練されたオフィスにユニットは一台だけで、一人の患者さんに対し、1時間から2時間かけて丁寧に治療されていました。
先生の技術はもちろん、アシスタントの方の動きも素晴らしく、お二人で一緒に治療をされている印象を受けました。
私の質問に対して、治療介入の根拠や器材の選択基準も明確にお答えいただき、非常に勉強になりました。
自己流でも術者の勘でもない、エビデンスに則って治療を行う大切さを再認識させていただきました。
わずか半日の滞在でしたが、多くの学びを得ることが出来ました。

診療後は、たこ焼きもお好み焼きも無しで、ダッシュで帰路につきました。
さすがに日帰りは少し疲れましたが、充実した一日になりました。
牛窪先生、スタッフの皆様、有難うございました。